【活動報告】夏合宿2018

8/28〜29にかけて、湯河原方面へ合宿に行きました!

この合宿のメインは、今年閉所する小田原少年院へ見学に行くことでした。

 

小田原少年院では、まず院長からお話を伺いました。少年院と刑務所の違いから、少年院内での教育、全国と比較した再犯率や同居者(両親、母子/父子家庭など)のデータなど、今まで知らなかったことを多く知ることができました。退院した方から近況報告があるというお話は印象的でした。

 

 

お話を伺った後、少年院内の見学をさせていただきました。

少年たちが実際に生活している部屋や、少年たちの作成した絵などの作品、実習で使う部屋等を拝見しました。少年たちの部屋の前の廊下に、高校の学習参考書や小説などがびっしりずらっと並んでいたことに驚きました。

 

少年院内見学や実情を交えたお話など、大変貴重な時間を過ごすことができました。そして何より、今年閉所する小田原少年院に最後にお伺いできる機会を頂けたことに大変感謝しております。

 

少年院見学後には小田原城や鈴廣のかまぼこの里を見学してから、真鶴の宿へ。

おいしい海の幸をいただいてから、参加会員同士でレクリエーションを行いました。その後も他愛ない内容から普段のBBSの活動まで様々な話題で盛り上がりました。

 

 

2日目に散策した湯河原周辺では、本格的なお菓子やステーキを楽しみ、お腹大満足で帰路につきました。

 

 

合宿を通して、今まで交流できなかった会員も含めて、BBSの同期や先輩(1年のため後輩はいません!)と親交を深められ、充実した時間になったと感じています!

 

(参加者感想)